ターゲットをしっかり捉えたWEB動画をプロに作ってもらおう

色んな情報が伝えられるWEB動画で商品やサービスの知名度アップ

高い宣伝効果が期待できる

細やかにサービスについて伝えたり、企業やサービスのイメージを変えたりしたいときに宣伝の方法や内容について慎重に考えておくことが必要です。ホームページやテレビCMなど様々な宣伝方法がありますが、最近絵はWEB動画での宣伝も注目されています。ネットを利用する人口は多く、動画であることによりイメージを明確に伝えられるので、多くの企業が取り入れています。

動画制作を利用する理由で多いのは?

no.1

商品やサービスを紹介

ネットを通して最新の商品やサービスを紹介したいという場合にWEB動画は役立ってくれます。使用場面や使用方法などの情報を知名度の高い有名人を取り入れて宣伝ができるので、多くの人から興味を持ってもらうことに繋げられるでしょう。

no.2

企業の特色をアピール

消費者からの信頼度を高めるには、企業のイメージについて分かりやすく伝えられるようにしておくことが大切です。そのような場合にもWEB動画が活躍してくれます。社員へのインタビューなどを取り入れることで、雰囲気や取り組みについて伝えることができます。

no.3

新卒採用に向けて宣伝を強化

企業の宣伝のときにWEB動画は役立ってくれますが、他にも新卒採用に向けてアピールをしたいという場合に役立ってくれます。就活生が知りたい情報や、会社の取り組みや実績を動画にまとめることにより、会社のことをよく知ってもらい、採用に向けての取り組みがスムーズに進みます。

no.4

デジタルサイネージでの宣伝

制作したWEB動画はネットで紹介されることが多いですが、街頭に設置されているデジタルサイネージで宣伝することもできます。このように動画の広告は幅広い場面で活用ができるので、これからの宣伝を進めていくうえで重要な存在になってくるでしょう。

no.5

企業や商品のイメージを一新

これまでのイメージを大きく変えたいという場合に、宣伝の内容や方法を見直していくことも大切です。その一つとしてWEB動画は活躍してくれます。また、制作会社によってはその企業にあったイメージを提案したり、その条件に近い過去の制作作品を紹介してくれるので、よりよい計画につなげていくことができるでしょう。

ターゲットをしっかり捉えたWEB動画をプロに作ってもらおう

カチコンとフィルム

タイプや動画の長さによって異なる

動画制作を依頼するにあたって、どれくらいの費用が掛かるのか気になるものです。相場は制作会社によって異なり、また、タイプや長さによってプランが分けられています。それにより動画のイメージも大きく変わるので、過去の制作事例を参考にしながら選んでいくことが必要でしょう。なお、相場が安いプランとしては、静止画やアニメを中心とした広告であり、多くの制作会社が対応しています。

しっかり宣伝したいときに向けたプラン

高い費用を掛けてしっかりとした動画制作をしてもらうこともできます。ナレーションやCGなど一手間を掛けた制作をすることで、企業やサービスのブランドイメージのアップが図れるでしょう。また、キャスティングにも応じている制作会社もあるので、より注目が欲しいときに選んでみるのもいいかもしれません。

プランごとの実績比較は大切

動画制作会社を複数みると、似たようなプランが用意されていることに気づくでしょう。なお、実績やクオリティは必ずしも相場に合っているとは限りません。プラン選びに失敗しないためにも複数会社を比較しておくことが重要になります。また、利用者の声を参考にすることでサービスの質について知ることができるでしょう。

どのように動画はできあがる?

サービスについて問い合わせてみる

動画制作の依頼を思い立ったら、それに応じた業者を選んでいく必要があります。気になるところがあれば、先ずは電話やメールにて問い合わせてみると良いでしょう。些細な質問でも丁寧に答えてくれるか、迅速に対応してくれるかどうかなどサービスの質について知ることができます。

担当者と打ち合わせを開始

問い合わせや無料見積もりを通して利用する動画制作会社が決まったら、実際に訪れてみて打ち合わせを進めることになります。費用や制作プラン、制作から納品までのスケジュールなど様々な点について確認することが重要です。

撮影準備にあたっての計画を立てる

動画制作のスケジュールが決まったら、撮影に向けて準備を進めていきます。特にキャスティングが必要であれば、その手配に向けて準備が必要になります。また、アニメーションやCGを取り入れた制作であれば、クリエイターへの依頼を行なうという流れになるでしょう。

撮影が完了したら編集を進める

動画に必要なものが揃ったら、あとは編集を進めていきます。それに加えてBGMやナレーションを導入し、希望のイメージにあった動画になるように整えていきます。なお、動画の長さや工数によって制作期間は変わるので、途中経過についても確認しておくことが必要です。

メディア出力と納品

動画制作が完了したら、メディアへ出力し、納品を進めていきます。また、仕上がった動画に関して不備がないか最終チェックするときでもあります。それらのサポートに関しても依頼前に確認しておきたいポイントといえます。

広告募集中